海外駐在員の医療保険

海外は日本と違い医療費が非常に高額なことが多く、数日入院するだけで100万円単位の費用が請求されるといったことも珍しくありません。救急車も有料だったりするなど、日本の感覚で考えていると、いざ病気や怪我になった時にビックリします。

 

海外駐在員の医療保険

 

とてもではありませんが、自己負担で支払うことは出来ないので、いざという時のために、保険に加入しておくことをお勧めします。

 

現在、海外駐在員が利用する保険は下記のようなものとなります。

 

海外旅行保険

海外の医療制度や保険制度が未熟な国に駐在する時には、日本の保険会社の海外旅行保険を利用するのが最も一般的です。留学生や駐在員のような長期滞在者向けの保険が用意されており、おおむね十分な補償が受けられます。

 

24時間対応の日本語サポートが受けられる、現地の病院と提携していてキャッシュレスで治療が受けられるといった緊急時には有り難いサービスが充実しており、利便性が非常に高いという利点もあります。

 

ただし、サポート内容は地域によってバラツキがあります。保険会社によって得意とする地域が違っていたりするので、自分の赴任先国でのサービス体制がどうなっているか、入念に確認するようにしてください。

 

なお、海外旅行保険だと、歯科医療については対象外となるケースが多く、カバーされているとしても、痛み止めの治療といった応急処置的なものに限られているのが実情です。

 

そのため、歯の治療については日本で済ませておいて、どうしても赴任中に治療を受けるという場合には、現地の保険を利用するなどの対策を取る必要があります。

 

近年、世界的な医療費の高騰を受けて、海外旅行保険の保険料は上がっています。

 

現地民間会社の医療保険

駐在先の民間会社の医療保険に加入することで、医療費をカバーするという考え方もあります。たとえば、アメリカだと公的医療保険制度がなく、そのかわり民間の医療保険が充実しています。

 

現地の医療事情に即した補償内容となっていますし、病院との提携体制が整っているので利便性が高いです。ただし、日本語サービスはついていないので、言葉に不安がある人だと、利用しづらい面もあります。保険料は補償内容次第でピンキリです。

 

現地の公的医療保険

デンマークやスウェーデンのように、外国人でも一定の条件を満たせば公的医療保険制度に加入出来るという国もあります。こちらも利便性は高いのですが、やはり日本語のサービスを受けることは出来ません。

 

日本の健康保険

これはあまり知られていないことなのですが、日本の国民健康保険、社会保険でも海外医療費が補償される海外療養費制度が整備されています。必要書類を用意して請求すれば、還付を受けることが出来ます。

 

ただし、海外の医療費を日本の水準に合わせた金額の7割が支給されるという仕組みになっているので、アメリカのような日本よりも医療費水準が高い国だと、これだけで医療費をカバーするというのは難しくなります。

 

そのため、海外旅行保険や現地の医療保険の補償対象外となった部分を補完するといった二次的な保険として利用するのがベストです。

 

日本よりも医療費水準が低い国であれば、民間の保険よりも補償内容が手厚くなるため、優先的に利用されるケースが多くなっています。

 

状況に合わせて判断する

このように、海外駐在時の医療保険というのは、日本の海外旅行保険を利用するか、現地の医療保険に加入するかのいずれかとなります。

 

ここは状況によって判断することになりますが、現地の言葉に不安がある人は、日本語でのサポートサービスが受けられる海外旅行保険に入っておくことをオススメします。

 

特に緊急事態の時には、不慣れな土地において、こういったサービスを受けられるというのはお金には換算出来ない価値があります。不安解消にもつながるので、まさに保険です。