海外赴任時の銀行口座の住所変更

海外赴任が決まった時には、銀行口座の住所変更に関して、銀行に問い合わせておく必要があります。ちなみに、日本の銀行で口座を作る場合、国内に居住していることが条件となるため、解約しなければいけないというのが、基本的な考えとなります。

 

海外に赴任する時には、銀行口座の住所変更はどうする?

 

ただし、留学や赴任など、数年後に帰国することが確定している場合には、そのまま口座を残せる場合もあります。三菱東京UFJのように、海外赴任者向けの専用サービスを設けている銀行もあります。

http://direct.bk.mufg.jp/global/

 

海外赴任者向け銀行口座

 

逆に、非居住者になる場合には、必ず解約してもらうという方針を採っている銀行もあります。(今は方針が変わっているかもしれませんが、3年ぐらい前だと、ゆうちょ銀行や楽天銀行は厳しく、解約が絶対という姿勢でした。)

 

これは銀行によって対応が違うので、直接確認するしかありません。ちなみに、海外赴任時における一般的な対処法としては、銀行にその旨を伝えたうえ、親族や実家などの住所に変更するというものになります。これであれば、銀行側も受け入れてくれるケースが多いです。

 

銀行への届出はしておいたほうが無難

ネットなどで検索をかけると、海外赴任を銀行に伝えると何かと面倒なので、住所変更の届出はしないで、そのまま放っておいたほうがいいという意見も出てきますが、管理人の意見としては、これは止めておいたほうがいいと思います。

 

銀行側からの郵送物が住所不定で返ってきたり、電話をしてもつながらないといったことが続くと、銀行口座そのものを凍結されてしまうことがあるためです。また、こういったことが起きると、帰国後、再度口座を作ろうとしても(他行であったとしても)、作らせてもらえないといったトラブルが発生する可能性もあります。

 

事前に手続きを済ませておけば、こういったリスクを避けることが出来ます。仮に、今使っている銀行では対応してもらえず、口座を解約せざるを得なくなったとしても、上記の三菱東京UFJのように海外赴任者向けのサービスを展開している銀行もあるので、そういった銀行で新規で開いておけば安心です。

 

新生銀行、シティバンクのように、世界中どこでも手数料なしで、現地のATMで預金を引き出せるような銀行もあるので、これを機会に、そういった銀行に乗り換えるのもアリです。

 

なお、海外居住者向けのサービスを展開している銀行の場合、口座を非課税扱いにしてくれたり、郵便物を海外の指定先住所宛に送ってくれるなど、便宜を図ってくれることが多いので、合わせて確認してみてください。

 

クレジットカードは現地で作ったほうがいい

銀行口座とセットで考えるべきことがクレジットカードです。日本国内で発行されたカードを使い続けるには、利用料金を引き落とせる銀行口座が国内に必要となります。また、日本国内に住所があることも前提となるので、やはり実家の住所などに変更することが必須となります。

 

クレジットカードは、口座さえ確保しておけば、銀行ほどうるさくはないので、そのまま使い続けることは難しくありませんが、海外赴任者の場合、現地で新規で作るという人が多いです。

 

海外で使用すると、現地通貨を日本円に換算した金額が請求されることになりますが、この換金レート(為替ルート)が悪いので、割高になります。プラス、3%程度の手数料をチャージされることが多いので、さらに悪化します。

 

また、不正使用などのトラブルがあった場合、日本国内で発行されたカードだと、対応が遅くなったり、その後の手続きが面倒だったりします。

 

こういったことを踏まえると、赴任先で新規で発行したほうが便利です。日本で作ったカードは、それまでのつなぎとして利用する程度に考えておきましょう。