【海外勤務】シンガポール現地採用枠の求人情報を入手する方法

海外勤務を希望する人にとっては、シンガポールは人気の国の一つですが、求人情報を入手するには、どうすればいいのでしょうか? 海外勤務と一口に言っても、そのためのキャリアパスとしては、大きく3つに分かれます。

1:日本国内において、シンガポールに事業拠点を持つ企業に入って、現地に赴任する
2:日系企業のシンガポール支社の現地採用枠で入社する
3:現地で直接仕事を探す

 

【海外勤務】シンガポール現地採用枠の求人情報を入手する方法

 

それぞれ、求人情報を得るための手段が変わってきますが、このページでは、2のキャリアパスについてまとめています。1・3のキャリアパスにおける求人情報の探し方については、下記のページを参考にしてください。

 

 

日系企業の現地採用枠の求人情報を扱っている転職会社

シンガポールには、多数の日系企業が進出しており、通年で現地採用を行っています。(一般職からマネージャークラスの求人まで多岐に渡ります。業種・職種も様々です。)

 

日系の大手転職エージェントのなかには、シンガポールに子会社を設立して、こういった現地採用求人を専門的に扱っているところがあるので、彼らに連絡すれば、幾らでも仕事を紹介してもらうことが出来ます。代表的なエージェントを挙げると下記の通りとなります。
リクルートRGF
パソナシンガポール
JACシンガポール
テンプスタッフシンガポール

 

また、シンガポールには日本人が経営する独立系のエージェントも複数存在するので、こういったエージェントにコンタクトするのもアリです。日本から問い合わせにも、快く対応してくれます。
SDS
Arch

 

現地採用枠の求人は条件面で落ちることを覚悟する

ただし、現地採用枠の求人に応募する時には、注意すべきことがあります。それは、日本と比較して、給与水準が落ちるということです。一般的に、日本とシンガポールでは、20~30%の給与格差が存在すると言われています。

 

仮に、日本で年収が600万円だった人がシンガポールで働く場合、年収は500万前後に落ちるということです。これは為替レートが円安傾向にある時の話なので、1ドル(米ドル)100円ぐらいの円高になった時には、さらに差が開きます。

 

それでいて、シンガポールは日本以上に生活費がかかる国なので、実入りはかなり落ちます。これが、日本から駐在員として派遣される場合には、給料は日本ベースなうえ、海外勤務手当が付きますし、生活費の援助も受けられるので、かなりの高給になります。

 

恐らく、これが海外勤務=稼げるというイメージに繋がっているのだと思いますが、これはあくまでも日本国内から駐在員として現地に赴任したケースのみに限られます。

 

現地採用となると、一気に条件面は悪くなるので、くれぐれも注意してください。ちなみに、最近では現地採用枠を増やす日系企業が増えていますが、その理由は人件費の削減です。現地で採用すれば、日本から赴任させるよりも、かなりの格安で雇えるので、揃って求人を増やしています。

 

では、外資系企業はどうかと言えば、こちらも状況は一緒です。日本で採用されたほうが、シンガポールで採用されるよりも、給与は上です。

 

現地採用で入社出来る人は、日本国内でもチャンスあり

給与が落ちるからといって、では日本よりも簡単に採用されやすいのかと言えば、決してそんなことはありません。どの求人でも応募条件は厳しいです。

 

該当業務に関する実務経験は必須ですし、語学に関しても、英語でビジネスレベルというのは、必要最低限のスキルとして要求されます。場合によっては、中国語やアジア系の言語に関するスキルが必須とされることもあります。

 

仮に、シンガポールで現地採用枠の求人に応募して採用されるぐらいであれば、日本国内において駐在員候補として採用されるチャンスが十分にあります。

 

ちなみに、これは今現在、シンガポールに働いているという人でも同様です。海外勤務経験がある人材というのは、日本国内において、高く評価されています。

 

特に、アジアの文化・習慣に慣れている人というのは重宝されるので、シンガポールから日系企業に入社、一度日本に帰国した後、駐在員として再度、シンガポールに戻るというケースもあります。

 

当然、このほうが、給与条件は格段に良くなるので、海外勤務を目指すのであれば、まずは海外赴任を想定した求人を狙うことをオススメします。冒頭で挙げたパターンのなかでは、1となりますが、これがベストの選択肢になるということです。

 

くれぐれも、海外勤務という幻想に惑わされて、安易に現地採用の求人に応募しないことです。日本国内採用の求人と現地採用の求人を見比べてみると、違いがよく分かると思いますので、ぜひ一度チェックしてみてください。

 

冒頭でもお伝えしますが、シンガポール赴任を前提とした求人情報の入手方法については、下記ページにまとめてありますので、興味がある人は併せて参考にしてください。